地の底から鳴り響く邪悪な騒音。目が眩むような白い閃光。何食わぬ顔で隣に座っている婚約者と学生の一団に挟まれて、劇場の狭苦しい座席から逃げ出すこともできません。

季節外れに暖かくうららかな休日の過ごし方としては意外かもしれませんが…見逃すわけにはいきませんでした。というのも、 古い友人が出演する舞台の無料チケットをもらったのです。それも、20世紀を代表する文学作品に基づく評判の芝居だというのですから、 喜んで駆けつけました。 全編を通じてレベルの高い演技と、感情を掻き立てる音楽と照明に引き込まれます。ウィンストン・スミスの苦悩がまざまざと感じられておかしくなりそうですが、それこそがこの舞台の狙いなのでしょう。見事なものです。力強く完成度の高い舞台であり、小説の主なエピソード、コンセプト、そして出来事をおおむね忠実に再現しています。そして随所に加えられたニュアンスが、オーウェルのメッセージの今日性を際立たせます。恐怖心をあおる政治家や危険な狂信的カルトがかつてなく身近になっている今、物語はこれまで以上に現実味を帯びているとも言えるでしょう。

小説として優れた『1984』が、示唆に富む見事な舞台に転換されています。心からお勧めします。

ケンブリッジ、ギータ・ロッジの投稿