ゲームを印刷物にローカライズ

クライアント:

20年間の歴史を誇るアイコニックなゲームのほか、各種サービスを提供する大手ゲームソフトパブリッシャー。

課題

ゲームの複雑さと遺産

18言語への翻訳を、すべての用語を以前のエディションと整合させながら行うことは容易ではありません。進化し続ける複雑なゲームの翻訳においては、ゲームの過去、現在、そして未来の仕組みについても考慮する必要があります。ゲームにはオーディオ/映像要素も、印刷要素も含まれるため、クライアントがさまざまな要素の翻訳に苦慮されるのも不思議ではありません。

ユーザーの多様性

ゲーム会社の各ブランドは、大人から子供、小売店主からビジネスパートナーまで、さまざまなユーザーを対象としています。どのような場合においても、販売対象のユーザーを魅了すると同時に、相手方の文化について考慮する必要があります。さらに、各文化にはそれぞれ異なる法的考慮事項があります。

多面的ワークフロー

パブリッシャーの製品の生産プロセスには、特にアイコニックなゲームの場合、多段階のワークフローが含まれます。社内外に利害関係者が存在するため、多くの変動要素を管理する必要があります。

解決策

このパブリッシャーの問題を解決する鍵となるのは柔軟性でした。Alphaのゲームチームは、クライアントのニーズについて詳細に話し合い、働きやすい関係性のうちに最高品質の成果を提供して一連の初期プロジェクトを完了。その後、すべての問題に対応する包括的な解決策の策定に乗り出しました。

特注のチーム

Alphaはこのパブリッシャーには専任のローカリゼーションチームが必要であると判断しました。翻訳のエキスパートだけでなく、主要ゲームタイトルのエキスパートが必要でした。ゲーム翻訳に必要な品質と一貫性を確保するには、これが唯一の手段だったのです。このため、Alphaはクライアントのために10言語に対応するローカリゼーションチームを構築しました。ゲームに精通した翻訳者とプロジェクトマネージャーからなるチームです。また、クライアントのレビューチームとの連携を強化し、レビュー最終段階でのコミュニケーションの食い違いを防ぐことに成功しました。最後の仕上げとして、Alphaのプロジェクトマネージャーを1名、5週間にわたってクライアント側に常駐させ、クライアントが緊急事態に対応し、日々のローカリゼーションを遂行できるようにしました。この間、PMはクライアント側のチームにトレーニングを施し、将来の緊急事態やニーズに対して一部自力で対応できるようにしました。

包括的なローカリゼーション ソリューション

文化に適合するというクライアントの複雑なニーズには、ローカリゼーションにおける弊社の豊富な経験が役立ちました。弊社の役割は単なる翻訳の提供に留まりません。フラッシュのフォントの置換、字幕作成、1バイト文字とアジア言語の2バイト文字について助言を行いました。米国および英国のヤード・ポンド法を地域単位に変換したほか、保護者の指導のレイティング、大文字化を含む翻訳のあらゆる側面に関してアドバイスを提供しました。

新しいワークフロー

技術はワークフローに多大な影響をもたらします。弊社はクライアントの翻訳管理システムを理解することにより、クライアントがより効率的にニーズを満たせるようこのシステムに変更を加えました。弊社のエンジニアは、社内外のすべての利害関係者が参加できるように、弊社のアイデアを盛り込みつつ、システムをプログラミングしました。また、弊社のプロジェクトマネージャーを発注と支払いの責任者にすることで、クライアントの仕事量を減らすことにも成功しました。あらゆる面において優れた解決策です。

オーディオ/映像およびアートワーク

クライアントはAlphaのオーディオ/映像部門およびDTP部門を利用して、字幕、バナー、画像のローカリゼーションすべてに対応することができました。各プロジェクトを単に受け取って送り返すだけでなく、クライアント側のチームと弊社のAV/DTP部門とが連携し、すべてのマルチメディアニーズに対応するエンドツーエンドのローカリゼーションを実現しました。これにより、あらゆる文化的問題の検出が容易になり、スタッフが前後関係と一貫性を常に確認できるようになりました。

結果

現在進行形で進化し続ける関係

ゲームのローカリゼーションには、他分野にもまして完全な解決策というものがありません。市場とゲームそのものが絶えず変化するため、これらに合わせて適合していく必要があります。このため、弊社はこのアイコニックなお客様に提供してきた解決策に満足していますが、これで仕事が終了したとは思っていません。弊社の目標は新しいアップデートや開発に合わせて適合し続けることにあり、絶えず新しいメンバーを採用して専門チームを強化しています。また、ローカリゼーションに関する助言やサポートを引き続き提供するほか、クライアントがご使用の翻訳管理ツールに対するITサポートも続けています。弊社は常に未来を見つめており、社内チームに韓国語、繁体字中国語、ロシア語のリード担当者を追加することを現在計画しています。また、近日中にクライアントの知的財産保護にも対応する予定です。これには、クライアントの知的財産を完全に保護するため、防犯カメラの設置や個人アクセスのコントロールが含まれます。弊社が構築した優れたシステムを使用して、クライアントがすべての処理を滞りなく実行できることを期待しています。ただし、新たな課題が見つかった場合は、弊社はいつでも最適な解決策を提供できるように準備しています。