機械翻訳されたコンテンツを必要なレベルまで読みやすく編集

弊社の MT サービスおよび人間によるポストエディットサービスは、コスト効率と速度が重視されるプロジェクトを支援するように設計されています。弊社のポストエディターはスキルと判断力を駆使して、機械翻訳されたコンテンツをコンテクストに沿った内容に編集します。  これにより、コンテンツは読みやすく筋の通ったものになります。プロジェクトの要件に応じて、このような編集は最小限(ライト)に抑えることも、詳細(ヘビー)に加えることも可能です。

プロセス

ポストエディターの適任者は弊社の大規模な言語チームから慎重に選抜されます。2 か国語に堪能なだけでなく、このような形式の編集やプロセスに精通している必要があります。ポストエディターはクライアントと話し合い、目的を理解してコンテクストを明らかにします。プロジェクトが開始される前に資料を評価し、最適なアプローチを計画します。

私たちはポストエディットのプロジェクトを開始する際に 3 つの要点を明らかにします。翻訳の目的は情報の提供のみであるか。 出版レベルの品質に仕上げる必要があるか。 どのような読者を対象としているか。 これらの点を考慮することにより、どのようにポストエディットを行うか、またどの程度の変更を加えるかを明確にできます。

この後、初回チェックとして出力の一部をポストエディットします。これにより、ポストエディットチームは用語が正しいかどうかを確認してチェックが必要な要素を特定します。チームはこの情報をもとにプロジェクトの適切な編集レベルを判断し、クライアントのニーズを最も効率的な方法で満たします。

機械翻訳とポストエディットを正しく活用すると、必要な言語のコンテンツをコスト効果の高い方法ですばやく作成することができます。Alphaではポストエディットプロセス自体をスキルとして捉えています。弊社のエディターはコンテンツを筋の通ったものにするだけでなく、ユーザーや従業員が容易に理解できるレベルまで引き上げます。