デザインのローカリゼーション

文書に重要なデザイン要素が含まれている場合、弊社のデザインチームの出番となります。翻訳に伴う共通の問題としては、単語の数や長さの違い(語間スペースの問題)、左読みから右読みへのデザイン変更などがあります。

デザイン&レイアウトチームは、複雑なレイアウトをローカライズする際に発生する問題を解決します。スライドショーからスクリーンショットに至るまで、包括的なローカリゼーションにはデザインが関わります。コンテンツを完璧に翻訳しても、体裁に問題があっては効果は半減してしまいます。

取扱い言語

デザイン&レイアウトチームは幅広い言語に対応できます。キリル文字やギリシャ語はもちろん、中国語、日本語、韓国語などの2バイト文字のレイアウトもお任せください。レイアウトを右読みに調整しなければならないアラビア語、ヘブライ語、ペルシャ語にも対応可能。タイ語などの複雑なスクリプトも作成できます。

ファイル前処理

デザイン&レイアウトチームは翻訳作業をより効率的にするための作業も行います。たとえば、ソースファイルの行末にキャリッジリターンコードが含まれている場合、ほとんどのCATツールではセグメントが分割されてしまいますが、弊社のデザインチームは効率的に翻訳できるようにフォーマットを修正できます。

デザインと同様、私たちはPDFなどの特定のクローズドフォーマットからテキストを抽出することにも精通しています。弊社の新しいテクノロジー製品を使用すると、IllustratorやPhotoshopなど、簡単に操作可能なファイルを編集するのと同じようにPDFファイルを編集することもできます。

マルチメディアのローカリゼーションが必要な場合は、専門のオーディオ/映像チームを投入することもできます。